ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年7月22日土曜日

2017/07/22 稲盛和夫「生き方」から学ぶ

2017/07/22 稲盛和夫「生き方」から学ぶ 実習生感想文 懸命な努力が認められ、資産ができたにも関わらず、人のためにさらに頑張ろうと思える稲盛さんの考え方は、大変素晴らしいと思います。 何故なら、お金や財産は、自分のためだけに使おうと考え、人のために使いたくないと考える人が大半だと思うからです。 辛いことや苦しいことがあるからこそ、楽しいことが光るのだろうと感じます。 苦楽とはそのような関係で結ばれていると思います。 自分が認められたり、一つ上の段階にいけたとき、慢心するのではなく、稲盛さんのように気を引き締めて頑張ろうと思える心が重要なのだと思います。

                     実習生 A・Y

2017年7月11日火曜日

2017/07/11 いのちの源


生き方働き方学校ではスタッフ実習生が食べる食事、いわゆるまかない料理も一切手抜きはゆるされません。お客様にお出しする食事と同様に、ど真剣に、食べた人が感動する料理を目指します。材料は光の水農園でとれた自然農のお野菜を使用しているので、安全安心です。
「食」はいのちの源。スタッフ実習生のまかない料理を作るということは、みんなのいのちを支える大切な役割です。

今日はスタッフの悦子さんが光の水農園の小麦粉とブロッコリーを使ってピザをつくってくれました。味も見た目もとっても美味しくて皆大喜びでした。

美味しさの一番の理由はやっぱり愛情。
悦子さんがご飯作りで一番大切にしていることは、みんなに美味しい食事をお腹いっぱい食べてもらいたいというお母さんの心です。

そしてお食事づくりを通して私たちは愛を学んでいるのです。
悦子さんありがとうございました。

2017年7月9日日曜日

2017/7/8 生き方働き方学校で学び気づいたこと


生き方働き方学校での学びの中で今感じることは、現代の社会が過去の歴史から見てもあまりに異常なものになっているということです。
テレビ、ゲーム、パソコン、スマートフォン・・・。月曜日から金曜日までは我慢して勉強や仕事をし、土曜日、日曜日は遊ぶというサイクル。大人も子供も快楽を得るために勉強や仕事をしているような状態。表面的な人間関係の中で、さまざまなことを見てみぬふりをし、本当に大切なことから目をそらす日常。一見華やかに見えますが、その実態は孤独や虚無感や漠然とした不安感・・・、目に見えぬ深い闇が潜んでいます。
生き方働き方学校の実習の中で「働く」ことそれ自体に意味と価値があること、そして本質的な幸せがあるとわかりました。そしてこのことに気づくことが心の病を治し、自らの人生を切り開く重要なポイントの一つだということもがわかりました。




2017年7月4日火曜日

2017/7/4 美味しいカツオを頂きました!


先日いつもお世話になっている木下さんからカツオを丸ごと3匹いただきました!
厨房の鷲尾さんと田川さんが一生懸命さばかせていただきました。

新鮮なカツオのお刺身は最高に美味しかったです。
皆大喜びでした。
木下さん本当にありがとうございました。