ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年11月5日日曜日

【脳と心の勉強会 感想文】
 母屋からマンブル越しに聞かせて頂きました。お忙しい中お時間を頂きありがとうございました。
 私は若いころから多極性障害を患い自分の中の感情に常に振り回されているような自分の心のキャパシティ以上に大きい感情と、感情の揺れ幅にとりつかれているような人生を送っていました。
  私にとって感情とは邪魔なものであり本質的なものをきちんとできなくなる自分の成長をさまたげる障害物のような存在だと思っていきました。...
しかし今回の講義を聴かせて頂き自分の中で物事のとらえ方をプラスの方向ポジティブにとらえると良き方良き方にホルモンがでてくると聞いて(マンブルだったため聞き間違えがあるかもしれません)まさに自分の考え方も変わってくると聞き、たとえ今前向きにとらえる事ができなくても良き方向に努力することは決して無駄ではないのだと改めて認識いたしました。
 後、ひさえ先生は素晴らしい方だと思いました。

研修生 YA