ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年1月19日金曜日

2018/1/19 いつも本当にありがとうございます


お米やお菓子や衣服等、たくさんの贈り物をしていただき本当にありがとうございます。

皆さまから頂いた贈り物は一つ、一つ送ってくださった方の顔を思い出しながら、頂いております。

送ってくださった物質はもちろんですが、それ以上に皆さまのお心が伝えわってきて、心の中が満たされるのが何よりの喜びです。本当にありがとうございます。


2018年1月18日木曜日

2018/1/18 私の歩み

生き方働き方学校の実習生が自分の成長を振り返って書いた作文をご紹介します。

「私の歩み」
いのちの森生き方働き方学校 実習生 YT

私は水輪で実習生をさせていただいています。一昨年の7月に体調を崩してしまい、3ヶ月の入院ののち、10月にここへ来ました。ここに来てもうすぐ1年と3ヶ月が経とうとしています。
水輪に来た当初は体が思うように動かず、自分で動きたくても動けない。そのもどかしさから涙を流す日々でした。「動けない」「もうだめだ」と実習から逃げ出したい気持ちでいっぱいになることも何度もありましたが、そのたびに周りにいる仲間が「頑張ろう」「もう少しだよ」と声をかけてくれ、自分は今、ここに立つことができています。「だめだ」と思ってやめてしまえばそこまでです。大事なのは、だめだと思った時、いかに立ち続けるかということです。それは一人ではなかなかできません。周りの支えが自分の限界を超えさせてくれるのです。
 そうして毎日毎日実習を行なっていくうちに、徐々に力がついていきました。その成長を実感できたのは1年と少しが経ち、秋にじゃがいも堀りを行なったときでした。実は入学して2日目にじゃがいも掘りに行きましたが、そのときは1分実習したら1分休憩する。5分動いたら5分休憩する。そんな感じでろくに実習ができませんでした。けれど1年の実習を経て、心も体も鍛えられ30kgほどあるじゃがいもがたくさん入ったコンテナを畑の端から端まで運ぶことができるほど自分の力がついていました。


そのおかげもあって何回かにわけて行ったじゃがいも掘りの実習すべての回に出してもらうことができました。最近ではミーティング中の書記等、責任のある実習も任せてもらえるようになり、よりしっかりしていかなければならないなと感じております。
これからも、よりいのちの森に貢献できるように頑張っていけたらと思います。



2018年1月16日火曜日

2018/1/16 高野山阿闍梨宮島基行先生に青少年育成講座を開いて頂きました。


高野山阿闍梨である宮島基行先生に青少年育成講座を開催して頂きました。
日常生活の中にあるさまざまな学び、何気なく見ている物の中に隠されている真理をあらゆる角度からわかりやすく説いて頂きました。
社会復帰を目指す青少年たちにとっても自分たちの生活を見直すきっかけとなる素晴らしいい学びをさせていただきました。
ありがとうございました。


参加した実習生・研修生の感想文をご紹介します。

本日も、宮島先生の講座に参加させていただき有難うございました。
仏教の教えとは、なにか高尚な違う次元のようなことを教えているのではなく、極めて日常的な私たちの生きる姿勢、小さなことにしっかりと意識を向けること、その中にこそ真理があり、人間としてどうあるべきかという普遍的な教えがあるように感じました。
自分自身も含め、人が生きている中で、毎日平凡に生きているわけではなく、忙しかったり、騒々しい日もあったり、自分の至らなさが露呈される出来事もあったりします。
そのような時、いかに自分の心がぶれないように、転換できるか。
一事が万事で今この一瞬の考え方、感じ方行動がすべてに共通しているため、いざ何かあった時に動揺したりしてしまうのだと思います。
自分の心を芯の通ったものにするため、本当に落ち着いたぶれない心を作るためには、日常の小さな一つ一つが重要であるということを感じました。
この度は貴重な学びの時間をいただきありがとうございました。
研修生 YIさん

素晴らしいお話を聞くことができました。言葉自体が清らかな話でした。人が良くなるとその人から生まれるものすべてが良くなるとはこういうことだなと思いました。
1㎝なおすと1㎝スッキリするという言葉が響きました。
以前、毎日1%ずつ変えれば、1ヶ月で30%、2ヶ月で60%、3ヶ月で90%変わるという言葉がかなり自分の心に響いたのを覚えています。それを実行したいと思っています。
とてもためになる時間でした。
ありがとうございました。

実習生 ATさん


2018年1月13日土曜日

2018/1/13 いのち森生き方働き方学校の青少年の親御さんからメッセージをいただきました。





いのちの森生き方働き方学校の青少年の親御さんからメッセージを頂きました。


今日は、お知らせがあります。ふるさと納税というのはご存知でしょうか?主人と私は、そのふるさと納税を今年、行って、相当の食材をいただけることになり、この際、お米をということで、そちらに、総計300kgのお米を送らせてもらいますので、大丈夫でしょうか?一回に300kgは、送って来ないと思いますが。また、お肉と、ウナギも、届く予定ですので、よろしくお願い致します。

ブログを拝見して、楽しそうなクリスマス会になりましたね。また、つきたてのお餅は、格別美味しいですよね。

そうそう、木を燃やして、暖炉、今、そのような優雅な生活ができないこの頃、また、電気とガスに甘んじて生活している都会では、地震の時など、本当に、暖房に困ります。東北大地震の時は、ガス、電気がなく、私たちの地域も、被災地になり、毎日放水タンクで、水を補給してもらい、お風呂は、他の地域に行って入っていました。改めて、文明の発展が身に沁みまして、ガス電気に感謝したしだいです。暖炉とか薪ストーブは、若い人にとっては、良い経験だろうと思います。

寒さが増す中、新年を、皆さま、希望と期待に胸を膨らませて、迎えてください。新年そうそう、お客様の接待など、仕事づくめでしょうが、くれぐれも健康に気をつけて励んでください。今年、いっぱい子供が、迷惑をかけたり、さんざんお世話になりまして、誠にありがとうございました。来年も、皆さまにとって、良いお年になりますよう、心から、お祈り申し上げます。

以上

お心遣い誠にありがとうございます。
いのちの森生き方働き方学校は30人の大家族。食べ盛りの若者がたくさんいるので、毎日約90合のお米が消費され、一か月ではなんと約450㎏のお米が消費されます!

2018年1月11日木曜日

2017/1/11 伝説の気功家!中健次郎先生、暢子先生の青少年育成講座が開催されました!





先日、いのちの森水輪で中健次郎先生 暢子先生の青少年育成講座が開催されました。 

一般のお客様と多くの実習生が参加させていただき共に学びを深めることができました。
中健次郎先生と暢子先生のわかりやすい説明と、体を使って「気」を体感させていただき、
貴重な時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。

講義に参加した実習生の感想文です。

今日は、貴重なお時間をいただきありがとうございました。
私は、自分の考え方が縮こまっていたと感じました。外に向かって文句ばかりを言っていて、今に生きていませんでした。結果として抜けが多かったり、落ち着いて行動できていませんでした。中先生の「自分自身を捨てる。全てを受け入れる」といったことができれば、私も、もっと自分に縛られず自由に生きていけるのかなと感じました。
今日の講座ではすべてを体得できていませんが、周りに反発や不平不満をたれるのではなく、もっと周りを受け入れる。自分自身を捨てるといったことを意識しようと思います。
中先生と暢子先生には本当に感謝しています。
ありがとうございました。
またお会いできるのを楽しみにしています。

実習生 AYさん