ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年2月10日土曜日

2018/02/10 鬼は外!福は内!


節分から少し時間は経ってしまいましたが、いのちの森でも2/2に豆まきを行いました!今回は実習生のTさんと研修生の工藤さんが鬼役を演じてくれました。今回まいた豆は光の水自然農園の自然栽培大豆の炒り大豆。まいた後は皆で拾って美味しくいただきました!


ちなみに節分になぜ豆をまくのかというと、昔の人は穀物には邪気を追い払う霊力があり、穀霊が宿っていると考えられていたからだそうです。
現代的社会の感覚では豆やお米はただの「モノ」であり、穀霊が宿っているなんて馬鹿らしいと思われるかもしれません。
しかし、それだけ昔の人々は穀物や植物に対し畏敬の念を持っていたし、自分たち人間は大自然の恩恵により生かされているということを肌身で感じていたのだと思います。

大豆に穀霊が宿っているかはわかりませんが、一つ一つがまぎれもない「いのち」であることは確かだと思います。
常に自分たちは生かされているという感謝の心を忘れずに日々生きていきたいと思います。
ありがとうございました。